PressSync for WordPress の互換性は iOS 11.0 以降。仕様が変わったのです!

iPhone: 5S
iOS: 10.3.3
の環境で動いていたPressSync が、立ち上がらなくなりました。

立ち上がってくれれば開発元への問い合わせもしやすいだろうと思うのですがそれもできません。

はてさて、どうしたものか?
どこから確認をはじめればいいでしょう??

 

PressSync は iOS 11.0 以降へと仕様が変わったのです!

スポンサードリンク
information-of-presssync
PressSync の情報

いいえ、残念ならが、iOS 10 では PressSync は使えなくなったのですね。

PressSync の情報に記載されている互換性にも示されています。

iOS 11.0 以降ということは、iOS 11.0 以降が使える iPhone 5S 以降のデバイスでなければだめということでもあります。

 

それにしても、その確認を怠ったときのPressSync のメッセージには悩まされました。

 

PressSync のインストールで表示されるメッセージ

PressSync 自体のインストールの時、最初の画面でこんなメッセージが表示されます。

つまり、私の環境のiOSは古いからこのままインストールするなら旧バージョンのPressSyncをダウンロードするからねという意味にとれるのです。

そのとおり、iOS10+旧バージョンのPressSync、つまり今まで使えていた環境を再構築してくれればいいなと思っていますから、そのままでOK! ということでダウンロードをタップしてインストールを進めるのですが、いざPressSync を立ち上げてサイトURLなどの設定に進めようと思っても、スタート画面が真っ黒になってそのまま‼︎ ^^; スタートできません。

メッセージの意味が違う??

そもそも、スタート画面で表示されるメッセージの意味を取り違えているのかな? とも考えました。

現在のバージョンではiOS 11.0以降が必要になりますが、互換性のある旧バージョンの中から最も新しいバージョンをダウンロードできます。

このメッセージ、「最も新しいバージョンを(自動で?)ダウンロードします」とはなっていませんから、ダメならユーザーが(操作・選択すれば)「ダウンロードできます」 という意味かな?? と思ったわけです。

でもそんなわけはありませんね^^;

この App の旧バージョンをダウンロードしますか?

に対して [ダウンロード] なのですから、
「お使いのiOS はバージョン 10.3 ですから、インストールできるPressSync は旧バージョンです。インストールを継続してよいですか?」 という意味にとりたくなりますよね。使いたい一心で!^^;

私の今の立場からするとこのメッセージの2ページがほしいです。 「トラブルシュートはこちらへ」 みたいな! ^^;

ただ、PressSync をAppStore で見てみると、アップデートしたら立ち上がらなくなったという意味合いのレビューはiOS 8あたりの頃からあったのですね。
その上、iOS 11.0にアップデートした後に使えなくなったという残念なレビューを投稿している方もいたりするのですね。

iOS 11.o にアップデートしても使えない人がいる!? - このあたりで混乱がひどくなります。

 

たとえば…
PressSync のようなアプリを新規にインストールするにはApple IDが必要ですが、そのアプリをインストール後、何かの理由でこのApple ID を変更しなくてはならなくなった - そんな状況とアプリが立ち上がらない! という症状に因果関係があったりするでしょうか??

たとえば…
アプリが立ち上がらないような状況のとき、そのアプリを一旦削除してインストールしなおすと不具合が解消するということがありますね。

今のPressSync の症状はその再インストールで解消できません。同じ再インストールでも、App Store の購入履歴を無くし、クラウドからのダウンロードではなく完全? 新規のインストール? だったら状況が変わるでしょうか?

 

login-display-presssync
iOS 11.1.2 で立ち上がったPressSync

結論から言うと、(私の場合、と言うべきでしょうか?)

  • アプリのインストールの履歴を削除しての再インストール
  • ホームボタンをダブルタップして確認できるバックグラウンド・アプリの消去
  • iPhoneそのものをリブート

どれを試してみても iOS 10.0 のもとでは PressSync は立ち上がりませんでした。

最終的にPressSync の互換性の情報どおり、

iOS: 11.1.2

へのアップデートを終えたところで正常に立ち上がったのでした。

PressSync が表示するメッセージ

現在のバージョンでは iOS 11.0 以降が必要になりますが、
互換性のある旧バージョンの中から最も新しいバージョンをダウンロードできます。

は少し解説が必要ということになりそうです。つまり、

スポンサードリンク

現在のバージョンのPressSync は iOS 11.0 以降でなければ立ち上げる・使用することができません。
互換性のある旧バージョンの中から最も新しいバージョンをダウンロードできますが、
お使いの iOS のバージョンでは PressSync を立ち上げることができない場合があります…

そんなところでしょうか??

いずれにしても、iOS 10 と PressSync の組み合わせは忘れましょ!^^;

 

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です